新着情報
NEWS

イケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』 株式会社サイバードと世界配信に向けた英語版ライセンス契約を締結

2018年6月28日

会社情報

株式会社リベル・エンタテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:林田 浩太郎 以下、「リベル」という)は、弊社で運営・開発を行うイケメン役者育成ゲーム『A3!(エースリー)』(iOS/Androidアプリ)について、株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内海 州史 以下、「サイバード」)と世界配信に向けた英語版のライセンス契約を締結しましたのでお知らせします(※既にライセンス契約を締結している中国を除く)。
『A3!』は劇団の主宰兼『総監督』となり、イケメン劇団員たちをキャスティングして青春ストーリーが楽しめるイケメン役者育成ゲームです。メインストーリーは豪華声優陣によるフルボイス。春組、夏組、秋組、冬組に所属するまだ“つぼみ”状態のイケメン役者たちを小劇場の舞台上で満開に咲かせるゲームとして、好評を博しています。
2017年1月27日にiOS/Androidで同時に配信を開始した本作は、2018年3月に500万ダウンロードを突破するなど順調にダウンロード数を伸ばしており、また日本のiOSセールスランキングでは最高2位(2017年6月9日および2018年1月10日)を記録するなどヒットタイトルに成長をしております。
サイバードはリベルの親会社であります株式会社アエリアが本日2018年6月28日(木)に完全子会社化を完了したグループ会社となります。海外へのゲームコンテンツ配信にも積極的に取り組んでおり、海外での運営及び集客ノウハウを培っております。また、コンテンツ配信に留まらず、イベント展開も積極的に行っており、「イケメンシリーズ」においては、アメリカ・ロサンゼルスにて7月に開催される北米最大級のアニメイベント「Anime Expo 2018」への出展を皮切りに、シンガポールなど世界5カ国を回る「Ikemen Series World Tour 2018」を実施します。
北米市場はAnime Expoでの動員数(2017年総動員数35万人)をはじめ、日本のアニメやコンテンツの人気が急速に勢いを増しております。一方で女性向けゲーム市場においては、日本やアジア市場に比べると規模が小さく、大きな収益を獲得するには時間を要するものと予想されます。そこで北米市場の展開においては『A3!』の周辺事業を事前プロモーションとしてゲームの世界観を訴求し、認知度を高めた上でゲーム配信を行う予定です。
今回の契約締結によりリベルはグループの強みを活かしたシナジーを発揮するとともに、英語圏という大きな市場において、さらに多くのお客様に『A3!』をお楽しみいただけるよう、注力してまいります。
なお『A3!』英語版の配信サービス開始時期は未定ですが、決まりしたい改めてお知らせいたします。

■株式会社リベル・エンタテインメントについて
リベル・エンタテインメントは『アイ★チュウ』、『A3!』、『蒼焔の艦隊』をはじめ、ソーシャルゲーム、スマートフォンアプリの開発から運営まで多岐にわたり展開しています。社名のリベル(Liber)とは「生産と豊穣」を司る古代ローマ神の名前で、穀物が豊かに実るように、豊かな発想でクリエイティブなエンタテインメント作品を生み出したいと思い名付けました。

■株式会社サイバードについて
サイバードは、日本のモバイルインターネット黎明期の1998年に創業し今年20周年を迎えます。
「イケメンシリーズ」「名探偵コナン」「細木数子六星占術」「なみある?」をはじめ、多数のエンタテインメントコンテンツを展開しています。
時代の変化と共にサイバードも進化し続けることが大切と考え、「Happyな瞬間を創り出す」というミッションの元、常に新たな挑戦に積極的に取り組んでまいります。

ダウンロード(633.57KB)

サービス紹介

リベル・エンタテイメントは恋愛リズムアドベンチャー『アイ★チュウ』をはじめ、ソーシャルゲーム、スマートフォンアプリの開発から運営まで多岐にわたり展開しています。

サービス一覧へ